校長あいさつ

 

        福田小学校長 森 仁市 

 

 福田小学校は明治5年開校,今年で136周年を迎える歴史と伝統ある学校です。東に金波踊らす太平洋,南に桜花咲く諏訪の森,西に五社壇から流れる三滝川と,自然豊かな場所に立地しています。

 東日本大震災では学区の一部が津波被害を受け,未だに仮設住宅で過ごす子供たちがおり,原発事故避難のため本校に区域外入学している子供たちもいます。しかし,全国からの様々な支援を受け,現在は通常の学校運営を行っているところです。これまでの支援に心から感謝するとともに,自分たちには何ができるのかをさらに積極的に考え実践していくことが,今後益々大切になってくると考えています。

 今年度は「自分のよさを発揮しよう」を重点目標とし,この目標達成のため,「自分自身の良さに気づき伸ばす」「友達のよさを認めほめて伸ばしてあげる」を常に意識させようとしています。しかし,このことは子供たちだけの努力だけでは十分な達成が期待できません。大人の環境作りが重要です。「開かれた学校」の考えのもと,学校・地域・関係機関がそれぞれのよさを十分な連携のもとに発揮し,子供たちがすくすく成長できる環境作りに努力してまいりたいと思います。

 どうぞご深いご理解とご支援・ご協力をお願いいたします。